アモバンの効果と副作用

寝つきの良くない日が1日だけなら、さほど気にしません。しかし、数日寝つけないとなると、眠りへの焦りが出始めます。良い睡眠の前に、寝ることが目的となり、少しでも眠りが浅いと不安でたまらなくなります。このようになると、不眠症です。不眠症になったら、すぐ病院で診てもらいましょう。
不眠症の治療でよく使われている薬がアモバンです。
睡眠薬の中では、安全性が高く、効果も良いため、広く使われています。
アモバンは1日1回就寝30分前に、水またはぬるま湯で服用する睡眠薬です。他にも、手術の前の夜や手術で麻酔をかける前に服用すると効果があります。
副作用は、薬の性質上眠気が出やすくなります。起床時間になっても眠気が続いたり、日中も眠気に襲われたりするときは、明らかに副作用を考えてください。だるさやふらつき、集中力が低下することも、同時に起こるときがあります。
副作用で心配になったら、医師に遠慮なく相談してください。医師と連絡が取れない場合は、薬剤師に相談しましょう。連絡する前に、自分の薬をお薬手帳で確認しておくと、相談が潤滑に進みます。服薬の量は、必ず医師に相談して決めます。自己判断での減薬および服薬中止は、絶対に避けてください。症状の再発を防止するためです。
この薬は、寝つきに問題を抱えている人が一番良く効きます。
中途覚醒の人には、期待するほど効かないことがあります。薬の性質として、短時間に効くタイプだからです。
自分の睡眠でどこが問題なのかを、診察のときに医師に伝えると、正しい薬と適切な量を記した処方箋をもらうことができます。薬を院外の薬局でもらう場合は、かかりつけ薬局を1つ決めておきましょう。他の疾患で治療している場合は、尚更1か所にまとめます。同じ薬剤師から説明を受けることができる可能性があるからです。そのときに、飲み合わせの悪い薬の有無を確認しましょう。どの薬にも大小の差はあるものの副作用は起こり得ます。お薬手帳および薬局のデータベースで、随時相談できる体制を作ります。
服薬と同時進行で、日頃の睡眠環境を見直してください。
例えば、寝る直前までテレビやパソコン、スマートフォンなどで、目に刺激が入っていませんか。
薬を服用したら、テレビなどの電源は切りましょう。
何も考えずに、静かに1日を振り返るくらいに考え事もとどめましょう。自然な眠りを服薬以外のことからも取り戻していきましょう。